S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1話 ミーナ12歳 1/2


 ――これは今からもう、8年前へと遡った話となる。
 
 
 葉月島はもうすぐで凍えるような冬が終わり、春がやって来る。

(はーるが来ーたー、はーるが来ーたー♪ どーこーにー来たー♪ やーまに来ーた♪ さーとに来ーた♪ おれにもー来たあああああ♪)

 昨日買いたてのふかふかの羽毛布団の中、目を覚ましたリンクの脳内に一足早く春の歌が流れていた。

 その原因は……。

 布団から覗く白猫の耳。
 さらさらとした毛質の、ライドブラウンのおかっぱ頭。
 ちょっと布団をめくれば、無防備な寝顔とピンク色の首輪がお目見えする。

「朝やでー、ミーナ」

 ホワイトキャットのミーナを飼い始めたのは、つい昨日のこと。
 モンスター狩の人間たちに追われ、大暴れしていたミーナ。
 親友のリュウのところのブラックキャットのキラが何を言ったのか、ミーナはリンクのペットとなることになった。

 理由あってずぶ濡れになった身体を拭くために一旦マンションに戻ったあと、ミーナにピンク色の首輪と好きな服を買ってやって、高級レストランのフルコースを堪能して、たくさんのビールとふかふかの羽毛布団を買って帰宅。
 さんざん飲んで酔っ払って、リンクとミーナは一緒に羽毛布団に倒れて眠った。

 ミーナが手の甲で瞼を擦る。

「…みぃ……?」

 ミーナの愛らしいグリーンの瞳が、リンクの顔を見上げた。

「おはよう、ミーナ」

 幼さの残るリンクの笑顔。

(悪くない)

 そう、ミーナは思う。

「……ガキっぽいな、わたしの飼い主は」

「あっ、コラ」と、リンクが口を尖らせた。「朝起きたら、まずは『おはよう』って言うんやで? ほら、言ってみい」

 ミーナが戸惑ったのち、リンクから目を逸らして呟くように言った。

「…ぉ…は…ょぅ……」

「……。まあ、ええか。よく出来ました」

 リンクに頭を撫でられ、少しだけミーナの頬が染まる。

「あ、せや。風呂入りたいやろ? ちょっと待っててや」

 リンクがバスタブにお湯を出して戻ってくると、携帯電話が鳴った。

「ふにゃっ!?」

 と、ミーナがその音に驚いて小さく飛び跳ねた。

「大丈夫大丈夫、怖いもんやないから」そう言って笑ったあと、リンクは電話に出た。「はいはーい♪ ただいまごっつゴキゲンなリンクやけどー」

「キラだぞ」

「おう、キラか! 何、どうしたんー?」

「ミーナの様子はどうかと思ってな」

「どうって――」

「ミーナに代わってくれ」

 と、キラが言うので、リンクはミーナの白猫の耳に携帯電話を当ててやった。

「ミーナ? 私だ、黒いのだ。キラだ」

「キ、キラっ?」

 ミーナの声が裏返った。
 あたりをきょろきょろと見回す。

「ど、どこだっ? 来ているのかっ?」

「これは電話と言って、離れていても話すことができるものなのだ」

「ほ、ほお。そうなのか」

「それで、ミーナ。ペットとなってみて、どうだ? 悪くないか?」

「う、うむ。わ、悪くはない」

「そうか。ならば良かった。野生の頃とは違う生活だからな、困ったときは私に言うのだぞ? 助けられることならば、助けてやるぞ」

「おおっ。頼りになるぞー、キラー。さすが先輩ペットだぞーっ」

 と、目を輝かせてミーナ。
 この頃からである。
 ミーナが、キラの言動を全て正しいと思うようになったのは。

 ミーナとキラがあれやこれやと話している間にバスタブに湯が溜まり、リンクは湯を止めに行って戻ってきた。

「ミーナ、風呂溜まったで。昨日場所教えたから分かるやろ? 服は脱衣所にある洗濯機の中に入れときや」

 リンクがそう言うと、ミーナが携帯電話をリンクに渡してバスルームへと入って行った。
 そのあと、リンクはまだ切っていなかった携帯電話に耳をつけた。

「もしもし、キラ?」

「なあ、リンク」キラが言う。「昨日風呂に入るとき、ミーナ大丈夫だったか?」

「いや、今初めて入るんやけど…?」

「たぶん大暴れするぞ。私がそうだったし」

「へ? 大暴れって――」

 リンクの声を遮るように、ミーナの叫び声が響いてきた。

「ふぎゃあああああああああああああ!!」

 ミーナがバスルームから素っ裸で飛び出してきて、リンクも驚倒して叫ぶ。

「うっわあああああああああああああ!! ばっ、おま! せめてタオルっ! タオル巻けーーーっっ!!」

「きっ、貴様っ!!」ミーナがリンクを指差して言う。「わっ、わたしを煮て食う気だったのだな!?」

「はぁ!? なっ、何言ってんねんっ!!」

「ああああっ、た、助けてくれキラアァァァァァァ!!」

 と、リンクの手から携帯電話を引っつかんだミーナ。
 慌てて耳に携帯電話を押し当てる。

「キラ!? いるかキラ!?」

「いるぞ、ミーナ。落ち着け」

「わ、わわわたし煮て食われるぞっ! 食われるのだっ!!」

「落ち着け、ミーナ。それは風呂といってな、慣れれば気持ちの良いものなのだぞ」

「そ、そそそ、そうかっ。そうなのだなっ?」

「うむ。私も最初は怖かったが、リュウに抱っこしてもらって入ったから大丈夫だったぞ」

「そ、そ、そうかっ…」と、ミーナがリンクの顔を見上げた。「主に抱っこして入ってもらえば良いのだなっ? 初めての風呂というものはっ……」

 え?

 目をぱちぱちとしたリンク。
 みるみるうちに顔が赤くなっていく。

スポンサーサイト
あらすじ | HOME | 第1話 ミーナ12歳 2/2

Comment

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。